犬のしつけ出張レッスン・無駄吠えの矯正レッスンを行う Visse のテキストから

  • 無駄吠えについて

    犬のしつけの問題行動の相談で、一番多いのが無駄吠えです。
    犬が鎖に繋がれ庭で飼われていた昭和の時代に、無駄吠えという言葉はありませんでした。何故なら、吠えることで番犬としての役割を果たしていたからです。庭で不審者に吠えて叱られる犬などいなかったことでしょう。


    しかし、家族の一員として犬と一緒に暮らす時代になった今、番犬としての役割は終わり、犬が吠える行為は、最も困った問題行動として位置づけられようになりました。


    「チャイムや音に反応して吠える」「気配を感じて吠える」「郵便屋さんや宅急便の人に吠える」など、犬が吠えることには様々な理由があり、無駄に吠えているわけではありません。
    そして、家の中での無駄吠えよりも相談が多いのが、散歩中の無駄吠えです。


    散歩中に、自分の犬が他の犬に向かって吠えかかる時、相手に対して強気に吠えているようにも見えますが、こうした他の犬や人に対して吠えて威嚇する犬たちに共通していることは、社会化不足だったり、自分に自信がなく怖がりの犬ということです。
     

    そして、散歩中の無駄吠えの背景には、犬自身が持つ恐怖心にあるのです。
    「弱い犬ほど良く吠える」と、昔の人はよく言ったものです。

    犬が通りすがりの他の犬や、人に吠えるようになるメカニズムを説明すると、
    以下のようになります。

     

    ① 向こうから犬が来た
    ② 犬は自分の方へ近づいてきていると思っている
    ③ すれ違いざまに吠えたら、相手はこちらに近づかずに通り過ぎた
    ④ やったぁ! 追い払ったー!! 

     

    このように恐怖心を感じ、怖がった方の犬が「警戒吠え」をしたところ、相手の犬が近づかなかったので、吠えかかった犬は「自分が追い払った」と勘違いをしているのです。相手はただ通り過ぎただけなのですが、結果的に、怖がった犬は「警戒吠えをすれば、怖い犬は近づかない」と学習します。
     

    これは、郵便配達の人や宅急便の人たちに吠えることも同じで、彼らは犬が吠えた後に必ず立ち去るので、犬は自分が追い払ったと思っています。そして、毎回郵便屋さんや宅急便の人が来るたびに吠えて撃退し、負け知らずの連戦連勝を重ねた犬は強気になり、吠えるという行動がますます強化されていきます。
     

    さらに、もうひとつ厄介なことがあります。それは、自分の飼い主も一緒に守ろうとすることです。この原因の多くは、飼い主が犬に対して取り続けた間違った対応にあります。
     

    間違った対応とは、犬を自分より先に自由に歩かせ、犬の行きたい方について行くことです。恐がりの犬を飼い主より先に歩かせてしまうと、歩哨としての役割を遂行し、犬を発見するとすぐにロックオンし、相手が射程距離に近づくと一気に吠えかかってしまいます。ちなみに、縄張り性攻撃行動と言います。


    もうひとつは、「お友達でしょー」とか「怖くないよー」など、優しい言葉をかけてしまうことです。吠えている犬にやさしい言葉は「ご褒美」となり、褒められていると勘違いした犬は、もっと吠えるようになります。「オヤツで気を引く」というのもありますが、これは犬が吠えるたびにおやつという「ご褒美」を与えているので、犬は「吠えればオヤツがもらえる」と学習し、これも効果はありません。
     

    また、飼い主は叱っているつもりでも、犬にきちんと伝わらないと犬は飼い主が一緒に吠えていると思い、どんなに叱ってもまた同じ場面で吠えてしまいます。結局、吠えるたびに叱るという飼い主の行動も強化されていき、一生叱り続けるという結果になってしまいます。
     

    では、散歩中の無駄吠えはどのように対処すればよいのでしょうか?
    以下、まとめになります。


    ~まとめ~


    1.犬とすれ違うときは、飼い主の前を歩かせずに、必ず犬を横につけて管理する。
    2.犬とすれ違う際は、名前を呼んでアイコンタクトを取りながら歩く。
    3.ベンチなどで休んでいて犬が近づいて来たときは、「待って」をかける。
    4.日常生活で行う3つの事を実践する。

     

    1. と 2.の犬とすれ違う時の最悪の対処は、犬を座らせて相手が通り過ぎるまで「待て」をさせることです。間違いではありませんが、これは飼い主も犬もその度に緊張してしまい、散歩そのものが楽しくなくなります。参考までに1~3の対処法を、「対立行動分化強化」と言います。


    4.については、ヴィッセの出張レッスンを受講しないと分かりませんね?!
    一応、企業秘密なのでここでは割愛させて頂きます。

     

    いずれにしても、無駄吠えの矯正のポイントは、犬が吠えてから対処しようとするのではなく、「常に先手を打って吠えさせないこと」につきます。後手に回るとスイッチを切ることが、とても難しくなります。


    前述した3つの強化法を繰り返し学習させ、自分の犬に吠える機会を与えない様に根気よく犬に学習をさせれば、無駄吠えは必ず改善します。そして、犬の無駄吠えが改善するかどうかも、やはり飼い主次第なのです。
     

  • 間違ったしつけ方

    子犬のしつけ

     従来のしつけ~主従関係を築くことが前提

    ・ご飯は人間が先で犬は後。
    ・散歩は飼い主の都合で行けばよい。
    ・散歩は決まった時間に行かない。
    ・犬を飼い主より先に歩かせない。
    ・犬をソファーに乗せない。
    ・オモチャで引っ張りっこをして負けてはいけない。

    >↑の事を守らないと犬がリーダーになるそうですが、いくら☝の事を実践しても主従関係は築けません。なぜなら、あなたが主人としてふさわしいかどうかは、犬(部下)が決める事だからです。

     
    教え方の特徴~罰を与えるしつけ方が中心~

    ・マズルをつかんで叱る。
    ・甘噛みをしたら口の中に手を入れる。
    ・何かいけないことをしたら仰向けにして叱る。
    ・犬がリードを引っ張ったら、リードを強く引いて首にシ ョックを与える。

     

    >犬が鎖で庭につながれ残飯を食べていた時の、家畜として飼われていた時のしつけ方です。犬と暮らすようになった現在、家族の一員と考えている方にはお薦めできません。
     

    その他、間違った情報

    ・甘噛みを許していると本気咬みになる。
    ・マウンティングを許すと犬が上になる。
    ・出かける時は、
    声をかけずにさりげなく出て行く。

  • 問題行動について~飼い主の方に理解して頂きたいこと~

    褒める

    「しつけ教室に通ったが、トレーナーの言うことは聞くけど、私のいうことは聞かない」」という話をよく耳にします。私もワンちゃんたちを日中お預かりしてレッスンを行うので、「犬を預けると先生の言うことは聞いても、飼い主の言うことは聞かないのでは?」という質問をよく受けます。

    それに対して私の答えは、「飼い主が何も学んでいないから。」と答えています。犬に変化を求めるのなら、飼い主も変わらなければならないのです。この仕事を始めた当時、私が教えていたのは、訓練所で習った「服従訓練」を、そのまま飼い主の方に教えることでした。

    服従訓練とは、命令に従わないと叱ったり、リードを強く引っ張り首にショックを与えたり、時には体罰も使って服従する精神を植え付け、主従関係を強要するというものです。この服従訓練を受けた犬の特徴は、「怖い人の言うことは聞いても、怖くない人の言うことは聞かない」ことです。

    私が訓練所にいた頃、犬が私の指示に従わないとすかさず校長から「君が犬になめられているからだよ」とよく言われたものです。そうして、私が訓練所で教わったことは、「いかに怖い存在になるか」でした。そして、仕事を始めた当時の私はしつけではなく、人間に対する「服従法」を飼い主の方に教えていたのです。

    今、私が行っていることは、犬の「行動」に目を向けた「訓練」ではなく、犬の「」に目を向けたレッスンです。その「犬の心」を飼い主の方に理解してもらうことが、今の私の一番の仕事です。
     
    そして、しつけ教室は※基礎を学ぶところです。しつけ教室に通いさえすれば問題が解決するのではなく、大切なことは、しつけ教室を卒業した後の生活なのです。私たちがどんなに犬をトレーニングしても、飼い主がトレーナーから学んだ基礎を、日常生活という応用の場で実践できなければまた元に戻ってしまいます。
     
    問題行動のレッスンで一番大切なことは、飼い主の方の「どれだけ時間がかかっても絶対に治したい」という気持ちにかかっているのです。


    ※基礎= この基礎に対する考え方が、訓練士やトレーナーによって大きく異なるのが実情。

  • 犬のしつけは飼い主次第

    トレーナー

    犬のしつけは何のために行うのでしょうか?「訓練所に預けたけど、帰ったら元に戻った」 「本を何冊も読んだけど、上手くいかなかった」 「しつけ教室に通ったが、トレーナーの言うことは聞くけど、私のいうことは聞かない」など、こういう話をよく耳にします。

    何故こういうことが起きるのかというと、↑の方々に共通していることは「しつけは何のためにするのか?」という目的(ゴール)がないまま、行っているからだと思います。別な事で例えれば、「英会話教室に通ったけど全然喋れるようにならなかった」と言われる方も、そこに目的や必要性がないからです。

    しつけの目的は、それぞれの飼い主によって違うと思います。
    「自分が不安だから」 「周りに迷惑をかけないため」 「快適に暮らす為」など・・・。そして、その答えは貴方自身が自分で考えて出さなければならない答えなのです。お散歩で出会う人や、友達に聞いても答えられない問題なのです。

    なぜなら愛犬と暮らしているのはあなたであり、あなた自身も生活環境も、そして、犬も他の方とは全く違うからです。僕も日中、犬を預かってレッスンをするので、「犬を預けると先生のいうことは聞いても、飼い主のいうことは聞かないのではないでしょうか?」という質問はよく受けます。

     

    以前、ご夫婦で問題行動のカウンセリングを受けられた奥様から、同じ質問を受けました。すると、傍にいたご主人がすかさず、「もしそうなったら、俺たちが駄目だってことだよ」と、奥様に言ってくれたのです。

    僕は思わずご主人に拍手をしてしまいました。 
    しつけ教室は「基礎」を学ぶところです。私たちがどんなに犬をトレーニングしても、飼い主がトレーナーから学んだことを、日常生活という「応用」の場で「実践」できなければどうにもなりません。

    そして、自分が愛犬になったつもりで、「自分の生きがいは何だろう?」ということも考えてみて下さい。「ご飯を食べること」 「散歩に行くこと」 「ボールを追いかけること」 「友達に会うこと」

    なんだか禅問答のようになってしまいましたが、これらの疑問に対する答えはひとつではありません。何故なら100の家庭があれば、100通りの暮らし方があるのですから。
    そして、その答え一つひとつをじっくりと吟味してみてください。


    ちなみに私の答えは、「どこに出しても恥ずかしくない子に育てる為」です。