CONCEPT
犬のしつけ出張レッスン・無駄吠えの矯正レッスンを行うドッグスクール Visse では

訓練ではなく、共に暮らすためのしつけを行っています。

子犬のしつけ

現在の家庭犬のしつけの多くは、訓練士の方やドッグトレーナーによって、オヤツを使う使わないなど、

形や技術的な違いこそありますが、どちらも犬に何かをさせる「訓練」が基盤となっています。

訓練は「服従訓練」と呼ばれ、命令に忠実に従わせ主従関係を築くことが最大の特徴です。


しかし、服従訓練とは、使役犬として人間の仕事を手伝わせるための
「家畜化としての訓練」を目的としたもので、家族の一員として共に暮らすための
「家族化としてのしつけ」を教えるものではありません。


ヴィッセでは、訓練は行いません。なぜなら、人間の仕事を手伝わない無職の家庭犬には、
主従関係も訓練も必要がないと考えているからです。

「マズルをつかんで叱る」「チョーク首輪で首を絞める」「仰向けにして押さえつける」などの体罰や、
犬が無駄吠えをした時に、「缶を投げて驚かす」というバカげたことも一切行いません。

ヴィッセが考えるしつけとは、心と体を育み情緒が安定した誰からも愛される犬に育てること。

そして、犬がその時の状況に応じて、自発的に行動できるように習慣づけることです。


家庭犬のしつけとは、訓練ではなく「習慣」なのです。


ヴィッセのレッスンは、他のしつけ教室にはない考え方、今までにない全く新しい形のレッスンです。

そのレッスンとは、日常生活で3つのことを行うだけです。すべての犬は同一ではありません。
その子が持つ個性を尊重し、それぞれの個性に合わせたしつけを行うこと。それがヴィッセの理念です。

SERVICE
犬のしつけ・出張レッスンを行うドッグスクール Visse では

子犬のしつけ教室、無駄吠えの矯正レッスンを行っています。

出張レッスン

犬のしつけ教室・無駄吠えの矯正レッスン・出張レッスンに取り組むヴィッセでは、
しつけと訓練は違うという考えのもと、その子の持つ個性に合わせ、
犬に正しい学習を与えるレッスンを行っています。


「マズルをつかんで叱る」「仰向けにして叱る」などの体罰は与えませんし、
「無駄吠えをした時に缶を投げる」という馬鹿げたことも一切行いません。

ヴィッセが考える犬のしつけとは、家族の一員として誰からも愛され、豊かな心を育むこと。
そして、犬をしつけようとする前に、飼い主が先に学ぶことが現在の家庭犬のしつけにおいて、
最も大切なことだと考えています。


子犬のしつけ教室・無駄吠えの矯正レッスンを行うヴィッセの出張レッスンは、
日本全国どこへでもお伺い致します。

COLOMUN
犬のしつけ出張レッスン・無駄吠えの矯正レッスンを行う

ドッグスクール Visse の家庭犬のしつけに対する考え方。

犬のしつけの問題行動の相談で、一番多いのが無駄吠えです。犬が鎖に繋がれ庭で飼われていた昭和の時代に、無駄吠えという言葉はありませんでした。何故なら、吠えることで番犬としての役割を果たしていたからです。庭で不審者に吠えて叱られる犬などいなかったことでしょう。

しかし、家族の一員として犬と一緒に暮らす時代になった今、番犬としての役割は終わり、犬が吠える行為は、最も困った問題行動として位置づけられようになりました。

「チャイムや音に反応して吠える」「気配を感じて吠える」「郵便屋さんや宅急便の人に吠える」など、犬が吠えることには様々な理由があり、無駄に吠えているわけではありません。

 

そして、家の中での無駄吠えよりも相談が多いのが、散歩中の無駄吠えです。散歩中に、自分の犬が他の犬に向かって吠えかかる時、相手に対して強気に吠えているようにも見えますが、こうした他の犬に・・・・

BLOG
犬のしつけ出張レッスン・無駄吠えの矯正レッスンを行うドッグスクール Visse

レッスンやエッセイなどの記事、情報が読めるおすすめブログです。

PROFILE

家庭犬しつけ教師 糸山雅敏 プロフィール

子犬のしつけ

糸山 雅敏 1957年3月24日生まれ 福岡県出身  O型 
                特技:犬に好かれること
      趣味:テニス・登山・犬と遊ぶこと・美味しいものを食べ歩くこと

・絵本作家
・ドッグトレーナー
・家庭犬しつけ教師・問題行動カウンセラー
・日本アニマルコミュニケーション協会認定 アニマルコミュニケーター
・日本アニマルコミュニケーション協会認定 インストラクター
・アルケミスト認定 ユニバーサルヒーラー
・日本ペットカウンセラー協会認定 パラカウンセラー
・日本ペットマッサージ協会認定 ペットマッサージセラピスト
・プロテニスコーチ、元全日本テニスランキングプレーヤー